よもぎ学園

障害者支援施設【定員:生活介護 60名/施設入所支援 60名/短期入所 4名】

 







よもぎ学園は、沖縄県において、知的障害施設がなかった昭和46年7月に、お年玉年賀ハガキ配分金で沖縄中央育成園よもぎ寮(定員40名)として南方同胞援護会により設置されました。その後、昭和53年定員50名。昭和59年より60名となり現在に至っています。
 学園の名称であるよもぎ草(方言名・フーチバー)は、多年草の野草で畑や水田の畦道、野山や雑草の中で自生する生命力の強い草である事から、社会に力強く育つことを願って命名されました。

サービス内容
1.支援計画
 利用者個々のニーズを的確に把握して、ストレングスを活かした個別支援計画を設定。利用者本人及び保護者に提示し、確認の基に、中期的、長期的な支援活動を展開する。


・施設入所支援
 日常生活における身辺処理能力の向上と、より良い生活習慣を習得できるように、個別支援計画に取り上げ、支援の展開に努める。又、個々の利用者が抱える課題の解決を通して、身体的・精神的な安定が図れるように保護者と連携を密にして支援を次のように展開する。
 ○食事支援 ○入浴支援 ○着脱衣支援 ○排泄支援 ○健康管理、その他日常生活の支援

・生活介護支援
 利用者個々の身体能力、特性、興味関心等を勘案し、それにあった集団活動を展開していく。その際には利用者や保護者がサービス選択する事を旨とし、活動の計画・実施・評価を繰り返し行い、利用者、保護者の要望に応えられるように努める。又、積極的に外部講師を招き、活動内容の充実を図るとともに、次のように班編成を行い、活動を展開する。

 

 

 

 

 


住所:沖縄県島尻郡南風原町字宮平550番地 TEL:098-889-6011 FAX:098-889-4104